下戸でもお酒が飲めるようになる方法とは?


下戸でもお酒が飲めるようになる方法

あなたも、下戸でお酒が飲めるようになる方法をお探しですか?

下戸体質だと飲み会のときなど困ることがありますよね。

例えば・・・・

  • ウーロン茶しか頼まないからその場空気が悪くなる・・・
  • 割り勘にすると必ず損をする・・・
  • 酔えないから飲み会が全く楽しくない・・・
  • 飲まないからといつも車で送迎をやらされる・・・
  • お前とは本気で会話ができないといわれる・・・


などなど。

お酒が飲めないだけで嫌な気持ちになってしまいます。

できるなら、みんなと同じように飲みたいですよね。

普通に酔って飲み会を楽しみたいでしょう。


そこでこのサイトでは・・・

下戸でもお酒が飲めるようになる方法

こちらに注目してみました。


下戸でバカにされるのが嫌という人や普通に飲めるようになりたい人は、ぜひこのページを参考にしてください。

お酒が飲めるようになると人生が180度変わり、楽しいことがいっぱい待っています。


あなたは本当に下戸?お酒が弱いだけかも?


アルコールが飲めない、いわゆる下戸と呼ばれる人は、無理してお酒を飲んではいけません。

なぜなら、頭痛や吐き気、顔や体が真っ赤になるなどの症状を引き起こすからです。

しかし、中にはお酒が弱いだけであって、本当は下戸でない人もいます。

遺伝要素が強く、両親が飲めない場合は、下戸になる確率も高いです。

なので、アルコールパッチテストを行い、自分が飲めるか飲めないかをハッキリさせることが大事です。

もし、アルコールパッチテストで、弱いと判断できたなら、少量のアルコールを毎日摂取することで、多少は、鍛えることができます。

飲み会で、がっつりお酒を飲むというわけにはいきませんが、お付き合いで、たしなむ程度なら普通に飲むことができはずです。

また、少量のアルコールが大丈夫と分かったら、最初に一杯だけで飲んで、あとはノンアルコールビールなどで乗り切る方法もいいでしょう。


■やったことが良いことは・・・

  • チェイサーとして水を飲む
  • 飲む前にタンパク質を摂取する
  • ビタミンCを摂る


これらが効果的です。

チェイサーとして、酒と水を交互に飲むのも良い方法になります。

飲む前にチーズや枝豆などのタンパク質を摂るのも肝臓の機能を強化して、アルコールの分解を助けます。

他にも、ビタミンCを摂取することで、アセトアルデヒドの代謝も促進して、悪酔いを防ぎます。

・・・・・

お酒が弱い方は、とりえず、ビール一杯飲むことを目指して、鍛えてみてください。

これができれば、「下戸はつまらない」といわれることもありませんし、飲み会でも、対応できるはずです。

下戸でも飲めるようになる方法が話題!たった2時間で酒豪になる?


下戸でも飲めるようになる方法があるってご存じでしょうか?

たった2時間で酒豪になり、しかも、二日酔いもしない・・・。

こんな夢みたいな方法があります。

当然ですが、下戸の人は、お酒を飲まないので酔うことはありません。

すると、恋愛にしても、仕事にしても、不利なことはいっぱいで、楽しめないんですね。

つまり、人生においては損をすることになるのですが、今回、紹介する方法では、特別難しいことをするわけではありません。

お酒を飲む2時間前にあることをするだけという簡単なやり方です。

これであれば、下戸とかバカにされないし、飲み会でもがっつり飲んで、気持ちよく酔えて楽しむことができます。

二日酔いもしないので本当に驚きです!

下戸を克服したい人は、こちらをご覧になってください。

⇒下戸でもお酒が飲めるようになる方法!