下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > 二日酔いにならない飲み方!

二日酔いにならないお酒の飲み方について


男性の画像

二日酔いにならない飲み方ってどうすればいいのか?

アルコールを飲むとすぐに気分が悪くなる人っていますよね。

飲み過ぎてしまうと吐き気頭痛で悩まされる。

みんなお酒は好きでも二日酔いにはなりたくはないはず!


そこで、ここでは・・・

  • 二日酔いにならない上手なお酒の飲み方!
  • 二日酔いにならないお酒の飲み方・心構えについて!
  • 二日酔いになった時の対策!お酒を飲み過ぎる人は要注意!


これらについて解説したいと思います。

頭痛や吐き気の症状が出ると仕事で支障が出る事もあります。

辛い思いをしたくない人は、しっかり対処法を学んでおきましょう。


関連記事

二日酔いで会社を休む時はなんて言えばいい?

上司から付き合いが悪いと言われたらどう対応する?




二日酔いにならない上手なお酒の飲み方!


簡単な二日酔い対処法について!

二日酔いになりたくないなら、アルコールの量を控える。または飲まなければいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

アルコールが飲めない人であればいいですが、お酒が好きな人にとっては禁酒や断酒はつらいものがあると思います。

それにお酒が弱い人でも、おつきあいで飲まなければいけない場合もあるでしょう。

つい気持ちが良くなって飲み過ぎてしまい、その結果、二日酔いになってしまう。

こんなパターンって誰しもあると思いますが、ある程度は、事前に対策する事で対処することも可能です。

お酒を上手に飲むなら以下のことを試してください。

具体的には・・・

  • 飲む前に何かを食べる!
  • 水分補給をする!
  • 飲む前にウコンなどのサプリやドリンクを摂取する!
  • 飲むペースを考える!
  • 飲んでいる時に食べた方が良い物!


これらです。


お酒を飲む前に何かを食べる!


食べ物と飲み物のイメージ画像

お腹を空かした状態で飲んでしまうとアルコールの吸収が早くなるので悪酔いする原因になってしまいます。

なので、先に何かを食べてからお酒を飲むようにするといいです。

家で軽く食事を済ませてから飲み会に行くのもいいでしょう。


水分補給をする!


お水の画像

ビールやお酒などを飲むと利尿作用があるので尿となり、水分が失わて脱水になるのですが、それを防ぐと言う意味でも水分補給を行うことは大切です。

先に水分補給を行うのもいいですし、飲んでいる途中に水を飲めば、結果的にお酒の摂取量も減るので二日酔いの対策になります。

これまで飲み会で水分補給をしていなかった人は脱水にならないためにも気をつけてください。


飲む前にウコンなどのサプリやドリンクを摂取する!


ウコンの画像

二日酔い対策といえばウコンというぐらい有名ですよね。

ウコンの効果ですがクルクミンという成分がアルコール分解や肝機能を助ける働きがあります。

粉末のウコンもいいですが、今では、サプリメントやドリンクタイプなどもありますので、二日酔いにならないためにも摂取してみるのもいいでしょう。


飲むペースを考える!


ビールの画像

特に酒好きな人は、ビールや酎ハイなどをガンガン飲む傾向にありますが、飲むスピードを落とすことも大事です。

アルコールの量を抑えることができれば頭痛や二日酔い対策になるので、飲むペースが速い人は気をつけてください。


飲んでいる時に食べた方が良い物!


チーズの画像

お酒を飲む時に一緒に食べた方がいい食べ物としては・・・

・ナッツ類
・チーズ
・チョコレート


などがあります。

これらの食べ物は、アルコール分解をサポートしたり、胃の負担を軽くしますので、お酒と一緒に食べるようにするといいです。

もちろん、たくさん食べるのではなく、一握りぐらいの少ない量で構いません。

基本的には、飲む量を抑えれば二日酔いにはならないので飲み過ぎないことが一番の二日酔い対処法になります。


二日酔いにならないお酒の飲み方・心構えについて!


ビールを飲む男性の画像

二日酔いにならないためには心構えも大事です。

次の日、大事な仕事があったり、朝早い場合などは二日酔いは避けたいところでしょう。

そこで、次のようなことを意識してみてください。

  • 時間を決めて飲む
  • 飲む量を決めておく
  • 途中から炭酸水に変える
  • 一次会で帰る・二次会では飲まない


これらです。


時間を決めて飲む


お酒を飲む時の心構えとしては時間を決めて飲むのもいいと思います。例えば、1時間以内に飲み終えるなどルールを決めるのもいいでしょう。

家飲みする場合は、アラームをセットして必ずアルコールを終了すること。このルールを守ることができると二日酔いする可能性は少なくなります。


飲む量を決めておく


二日酔いにならないためにも1日に飲む量を決めてみてください。ビールジョッキやチューハイは3杯までにするとかです。

お酒が弱いならその半分ぐらいの量とか自分の適量を決めると良いと思います。


途中から炭酸水に変える


二日酔いにならないための心構えとしたら、途中から炭酸水に変えるのも1つの方法です。

はじめにビールやお酒を飲み、次に酎ハイとかになると思いますが、そこであえて炭酸水に変えます。

すると酔いも丁度いい感じで冷めていくので、二日酔いになることはありません。


一次会で帰る・二次会では飲まない


飲み会とかに誘われたらなるべく一次会で帰るようにしましょう。

お付き合いがあるのでどうしても無理なようなら二次会では飲まないようにするといいです。

ノンアルコールビールなら見た目はビールですので違和感なく楽しめるでしょう。

・・・・

このような飲み方をすれば二日酔いになることはまずありません。

いつも飲み過ぎてしまう人は意識的に飲む量を管理することが大事です。


二日酔いになった時の対策!お酒を飲み過ぎる人は要注意!


二日酔いになったらどうすればいいのか?

つい調子に乗って飲み過ぎてしまった・・・。

次の日、気分が悪く吐き気がして頭が痛い・・・。

これは立派な二日酔いですね。

普段からお酒を飲み過ぎる人は要注意です。

では、二日酔い対策ってどうすればいいのか?

具体的には・・・

  • 水分補給をして布団で寝る
  • 胃薬や頭痛薬を飲む
  • 仕事を休む


これらが効果的です。


水分補給をして布団で寝る


布団の画像

先ず、二日酔いになる原因ですが、アルコールを飲むと肝臓で分解されて、アセトアルデヒドという成分に変わり、これが頭痛やだるさなどの症状を引き起こすわけですね。

なので、水分補給してアセトアルデヒドを尿として排泄しやすくすることが大事です。

それからできれば布団でゆっくり寝て休むようにしましょう。


胃薬や頭痛薬を飲む


薬の画像

二日酔いで気分が悪い時はキャベジンなどの胃薬が効果を発揮します。

頭痛の時にはバファリンなどの頭痛薬を飲んでおくと早く復活しますので、あらかじめ用意しておくといいですね。

飲み過ぎて二日酔いになると思ったら寝る前に胃薬と頭痛薬を飲んでおけば次の日はだいぶ楽になりますので試してください。


仕事を休む!


仕事を休む男性の画像

二日酔いで会社に行ったところで仕事になりません。

車とか運転する仕事なら事故に繋がる可能性もあります。

なので、気分が悪い時や酷い二日酔い頭痛があるなら無理をしないで休むことをお勧めします。

ただし、上司に「二日酔いだから休む」と伝えてはダメです。

バカ正直に伝えたら自己管理能力ないと判断されてしまいますからね。

その際は、気分が悪いので今日は休みますとだけ伝えましょう。


二日酔いにならないお酒の飲み方・まとめ


今回は、二日酔いにならないためのお酒の飲み方や対策をお伝えしました。

具体的な内容は・・・

  • 二日酔いにならない上手なお酒の飲み方!
  • 二日酔いにならないお酒の飲み方・心構えについて!
  • 二日酔いになった時の対策!お酒を飲み過ぎる人は要注意!


いつもお酒を飲むとつい飲み過ぎてしまう。あるいはアルコールが弱いのに飲み過ぎてしまう。

こんな方は、お酒の飲み方を考えなければいけません。

二日酔いにならないためにも飲む量を意識しましょう。

また、二日酔いになったら無理しないで体を休ませることが大事です。

くれぐれも飲み過ぎには注意してくださいね!