下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > 酒の強さは遺伝が関係している?

酒の強さは遺伝が関係している?下戸は諦めるしかない?


お酒が飲めないのは遺伝?

酒の強さは遺伝が関係しているのか?

飲むとすぐに真っ赤になり、すぐに気分が悪くなる。あるいは吐き気や頭痛がする方もいるでしょう。

本当は、みんなと同じように飲んで酔いたいけどそれができないと悩む方もいると思います。

実際、酒の強さは遺伝が関係しているのは事実です。

そこで今回は、お酒の強さと遺伝の関係について解説しています。

飲めない体質の人が無理をすると体調を崩するのでお酒と遺伝の関係を理解しましょう。


■あわせて読みたい記事

一度でいいから酔ってみたい

下戸でお酒が飲めないメリット・デメリット




お酒の強さと遺伝の関係「ALDH2」って何?


男性の画像

やはり、お酒の強さは遺伝が関係しているのか?

実際にどうなのか気になるところですよね。

では、アルコールが体内に入るとどうなるか?

先ず、アルコールが体内に入ると肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。

最終的には、水と炭酸ガスとなり、体外に排出されるのですが、アセトアルデヒドは毒性が強く、人によっては、頭痛や吐き気などの不快な症状を引き起こすことがあります。

また、このアセトアルデヒドを分解するのが・・・

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)

です。

実は、このALDH2のタイプで飲める飲めないが決まってくると言うわけです。


酒の強さは遺伝で決まる!ALDH2活性のタイプとは?


ALDH2の活性のタイプ

ALDH2の活性には・・・

  • 活性型
  • 低活性型
  • 不活性型


このように分けることができます。


活性型


活性型は、体内でアルコールを分解する力が強いタイプです。

酒豪の人はこのタイプに当てはまります。


低活性型


低活性型は、ALDH2の活性が弱いとされるタイプです。

日本人の約40%がこの低活性型と言われています。

つまり、約4割の人は、お酒が弱い体質となります。


不活性型


不活性型は、お酒を飲めない体質の人です。

日本人の約4%がこのタイプと言われています。

不活性型は、少量のアルコールでも、頭痛や吐き気など、気分が悪くなってしまいます。

・・・・

ALDH2の活性のタイプは、親から遺伝します。

生まれた時から決まっていて、後天的に変わることはありません。

お酒が飲めるか飲めないかは遺伝によって決まります。

ですので、親が飲めない場合、その子供は飲めない体質になると思ってください。


ちなみに・・・

ALDH2の活性のタイプを知るには、パッチテストで判断することができます。

親は飲めるけど自分は飲めないという人は、一度パッチテストを受けてみてください。

アルコールパッチテストのやり方について解説!

なぜ私の下戸が克服できたのか?その秘密を暴露!




これまでは・・・

一杯のビールが飲めなかったのに・・・

飲むとすぐに吐いていた人間が・・・


今では・・・

普通の人と同じように飲めるように!

しかも、気持ち良く酔えて、二日酔いもしないなんて・・・。

一体、何をしたら酒が飲めるようになったのか?

私の体験談をこっそりお伝えしています。

下戸が克服できた秘密とは!