お酒が飲めるようになりたい!TOP > 飲めない悩み > 遺伝が関係している?

お酒が飲めない遺伝ってあるのか?


お酒が飲めないのは遺伝?

お酒が弱かったり、あるいは下戸でアルコールを受け付けない人もいます。

やはり、親が飲めないのが関係しているのか?

両親が弱いとその子供もダメなのか?


このように疑問に思われる方もいるでしょう。


実際のところ遺伝は大きく関係してます。

お酒を飲むとすぐに気分が悪くなる人もいるは事実です。

この場合、遺伝により飲めない体質になっているのかもしれません。


そこで、今回は・・・

お酒と遺伝の関係

こちらについて解説しています。

飲めない体質の人が無理をすると体調を崩します。

先ずは、お酒と遺伝の関係を理解するようにしましょう。


お酒を飲むと体内に入るとどうなる?


そもそも、アルコールが体内に入るとどうなるか?

先ず、肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に分解されるんですね。

最終的には、水と炭酸ガスとなり、体外に排出されます。

そして、この物質は毒性が強く、人によっては、頭痛や吐き気など。

これら不快な症状を引き起こす場合があります。

また、このアセトアルデヒドを分解するのが・・・

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)

です。

実は、このALDH2のタイプで飲める飲めないが決まってきます。


関連記事
お酒は飲まない方がいい?


ALDH2の活性のタイプについて!


ALDH2の活性には・・・

  • 活性型
  • 低活性型
  • 不活性方


このように分けることができます。


活性型


活性型は、体内でアルコールを分解する力が強いタイプです。

酒豪の人はこのタイプに当てはまります。


低活性型


低活性型は、ALDH2の活性が弱いとされるタイプです。

日本人の約40%がこの低活性型と言われています。

つまり、約4割の人は、お酒が弱い体質となります。


活性型


不活性型は、お酒を飲めない体質の人です。

日本人の約4%がこのタイプと言われています。

不活性型は、少量のアルコールでも、頭痛や吐き気など、気分が悪くなってしまいます。

・・・・

ALDH2の活性のタイプは、親から遺伝します。

生まれた時から決まっていて、後天的に変わることはありません。

お酒が飲めるか飲めないかは遺伝によって決まります。

ですので、親が飲めない場合、その子供は飲めない体質になると思ってください。


ちなみに・・・

ALDH2の活性のタイプを知るには、パッチテストで判断することができます。

親は飲めるけど自分は飲めないという人は、一度パッチテストを受けてみてください。

関連記事
アルコールパッチテストのやり方について解説!

たった2時間でアルコールが飲めるようになった方法!

アルコール代謝能力無しの私でも
たった2時間で酒豪になった!!
しかも、二日酔いにならないなんて・・・


なぜ、医者から飲めないと言われたにも関わらず、

たった2時間でお酒が飲めるようになったのか?

その秘密を次のページでお伝えしています。

お酒が弱い人は、ぜひ参考にしてみてください。

⇒たった2時間で飲めるようになった方法!