下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > メリット・デメリット!

お酒が飲めないメリット・デメリットって何がある?


メリット・デメリット!

お酒が飲めないとどんなメリット・デメリットがあるのか?

中には、アルコールが弱かったり、体質的に飲めない人もいますよね。

もちろん、飲まないことで良いこともあります。

しかし、逆に悪いことがあるのも事実です。

お酒が飲めない人は、人生において損をしているかもしれません。


そこで、今回は・・

お酒が飲めない人のメリットやデメリット

こちらについてお伝えしています。


たとえ飲めないとしても得られるメリットはあります。

なので悲観的にならないようにしましょう


あわせて読みたい記事
彼女ができないのはお酒が飲めないから?
お酒が飲めるようにしたいなら・・・





飲めない人のメリットについて!


先ず、メリットの方ですが、次のようなことが考えられます。

  • アルコール代がかからない
  • 二日酔いになることはない
  • 健康的な体になれる
  • 自分の時間を作ることができる
  • 飲酒運転の心配がない
  • お酒で失敗することがない


これらのことが挙げられます。


アルコール代がかからない


そもそも飲まなければアルコール代はかかりません。

その費用を趣味などに使えるのはいいですよね。

貯金することも可能です。

お金が貯まるのは一番のメリットだと思います。


二日酔いになることはない


当たり前ですが、お酒を飲まなければ二日酔いになることはありません。

頭痛や吐き気で悩まされることはないわけですね。

二日酔いで会社を休むなんてこともないですし、気分が悪いまま仕事をしなくても済みます。


健康的な体になれる


飲まないメリットとしては、健康的な体になれるところ!

睡眠の質も良くなるので本当に健康的な体になれますよ。

ただ、少量のアルコールで終れば健康的には良いと言われています。

しかし、酒好きの場合、少量で終る人はあまりいませんよね。

ついつい、飲み過ぎてしまう傾向にあります。

すると体調が崩れやすくなるし、肝臓とか悪くしたら病院通いにも・・・。

なので、長い目でみたら飲まない方がいいのかもしれません。


自分の時間を作ることができる


お酒を飲むと酔ってしまい、時間を無駄に使ってしまう傾向にあります。

ですが、飲まなければその時間を自分の趣味に充てることができます。

他にも、何かの資格を取るために勉強するのもいいですよね。

自分の時間を作ることができるのは、すごいメリットだと思います。


飲酒運転の心配がない


お酒を飲んだら、当然、車の運転はダメですよね。

しかし、飲まない人は、急な用ができても運転することが可能!

つまり、いつでも運転することができるわけですね。

飲酒運転の心配がないのもメリットと言えるでしょう。


お酒で失敗することがない


人によっては飲み過ぎてしまい失言をすることもあります。

これが上司だったらその後が怖いですよね。

質の悪い人は、酒乱になるなどお酒で失敗することもあります。

ですが、飲まなければそんな心配はありません。

・・・

このようにお酒を飲まないことで得られるメリットは色々あります。


関連サイト
飲めないけど居酒屋に行っても大丈夫?


飲めない人のデメリットについて!


メリットの方が多いように感じますが、デメリットもあります。

具体的には次ようなことです。

  • 飲み会でシラケることがある
  • 酔えないので盛り上がりに欠ける
  • 飲み会で車の送り迎えをさせられる。
  • 割り勘にすると損をすることがある
  • 女性にバカにされることもある
  • 上司に叱られることがある
  • 酔った勢いで女性を口説くことができない


など。

このように色々と損をする可能性があります。

もちろん、一概にお酒が飲めないのが良いか悪いのかは言えません。

ですが、お酒を美味しく飲んで酔えないのが、一番のデメリットでしょう。

飲兵衛からすると、最初にビールをぐっと飲む瞬間は本当に最高ですからね。

その気分を味わえないのは、残念だと思います。

以上がお酒が飲めないメリット・デメリットになります!

関連サイト
お酒が飲めないと割り勘で損する?対策は?
飲めないと彼女ができない?