下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > お酒は飲まない方がいい?

お酒は飲まない方がいいのか?健康のためにはどうなの?


お酒のイメージ画像

毎晩、晩酌している人もいますよね。

お酒が楽しみで生きている人も多くいると思います。

ただ、体に関してはどうなのか?

酒は百薬の長ともいいますしね。

少量であれば問題ないのか?

非常に悩むところではありますよね。


お酒を飲んだ方がいいかどうか?

こちらに関して言えば・・・

一概には言えない

というのが正しいでしょう。


なぜなら、

アルコールを摂取することで健康に良いこともありますし、

逆に病気のリスクを高くすることも考えられてるからです。


そこで、今回は・・・

アルコールと健康の観点からお酒は飲まない方がいいのかどうか?

こちらに注目してみました。

お酒を飲んで罪悪感を感じる人もいるかもしれません。

この記事を参考にして飲むべきか?やめるべきか?を決まるようにしましょう。


■あわせて読みたい記事

お酒で大失敗?下戸の人は・・・

酔いにくいお酒について!




少量のお酒なら健康に良いので飲んだ方がいい!!


よく少量のお酒であれば健康に良いと言われますよね。

その理由ってご存じでしたか?

これは、少量のアルコールを摂取することで・・・

動脈硬化の進行を防いで脳梗塞や心筋梗塞などの

循環器疾患の発症リスクを下げることができるから!



しかし、問題なのは、少量のアルコールでも

他の病気にかかるリスクが高まってしまうこと。


その代表的な病気が、乳がん口腔がんなど。

他にも、約200の病気の発症リスクを高めたり、

病状を進行させると言われています。


だったら、お酒の苦手な人は無理に飲むべきではありませんよね。

飲むことで病気のリスクが高まるわけですからね。

それにアルコールは依存性があるので飲み過ぎてしまう傾向にあります。

当然、飲み過ぎてしまえば二日酔いが待っています。

よく二日酔いをしてしまう人は、健康の為にも飲む量を考えなければいけません。

二日酔いの対処法について!

お酒が飲めないとモテない?


お酒はたしなむ程度に飲むのがオススメ!


アルコールに関していえば、病気のリスクを高めることは事実でしょう。

しかし・・・

基礎疾患がなければ、たしなむ程度のお酒は問題ないでしょう。

もちろん、個人差もあるので100%必ずというわけではありません。


それに全く飲めないとなると様々なシーンで困ることがあります。

代表的なのが飲み会や合コンなどです。

全く飲まないとなると友達から誘われなくなりますからね。

コミュニケーションを取るためにも少量のお酒は飲みたいところ!

もちろん、無理して飲むことはありませんよ。

それに飲み過ぎれば健康を害することになりますからね。


ただし・・・

毎晩、飲み過ぎてしまう

こんな方は、注意が必要です。


お酒の量を控えるか?

それができなれば健康のためにも断酒をした方がいいです。


いずれにせよ健康が第一です。

お酒を飲むべきかどうかは自分の体と相談してくださいね。


お酒が飲めるようになりたい人はコチラ!

飲めない人はデートでどこに行く?