下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > アルコールパッチテストのやり方!

アルコールパッチテストのやり方!市販と代用ではどっちがいい?


アルコールパッチテストを受けたい男性のイメージ画像

アルコールパッチテストのやり方にはいくつか方法があります。

実際に試すことで・・・

自分は下戸なのか?

それともお酒が弱いだけなのか?

体質的に飲める体なのか?


これらを判断することができます。

ただ、具体的なやり方が分からないですよね。

アルコールパッチテストには、

市販のキット

代用できる簡易的な方法

病院で検査する方法


この3つがあります。

そこで今回は、アルコールパッチテストのやり方についてお伝えします。

飲める体質なのか?飲めない体質なのか?下戸かどうかを判断したい人は、ぜひこのページは参考にしてください。

■あわせて読みたい記事

飲めないのは遺伝が関係している?


下戸なのにお酒が飲める?その方法とは?



アルコールパッチテストのやり方!市販のキットについて!


今では、Amazonなどの通販サイトで市販のキットが売られています。

価格の安価なので、手軽にできるメリットがあります。

自宅でアルコールパッチテストをやりたい人にお勧めです。

先ほど紹介した方法よりも正確に診断することができます。


簡易的な方法としては・・・



こんな商品もあります。


本格的にやるなら・・・

アルコール感受性遺伝子分析キット

を使いましょう。

こちらは、遺伝子を検査できる、本格的な分析キットになります。

唾液を採取して郵送するので時間はかかりますが、より詳しいことが分かります。

価格は5,700円と高めですが、病院と違い、手間がかからないのはメリットです。

以下の画像をクリックすると公式ページに移動できます。





代用できる簡易的なやり方!


アルコールパッチテストの代用として、自分で道具を用意して簡易的に行う方法もあります。

アルコールと絆創膏があれば、簡単にパッチテストができます。

先ず、ドラックストアで売られている・・・

アルコール(度数70%以上)

絆創膏

ガーゼ

この3つを用意します。


やり方は、簡単です。

先ず、アルコールを、2〜3滴ほど絆創膏のガーゼの部分に染み込ませる。

次に腕の内側、やわらかいところに絆創膏を貼ります。

●分析1
7分後に絆創膏をはがし、皮膚の色を見ます。

●分析2
さらに10分後に皮膚の色を見る。

分析1で肌が赤くなったらお酒が飲めない体質

分析2で肌が赤くなったらお酒が弱い体質

分析1・2で変化がない人は、お酒が強い体質


このように判断することができます。

ただし、100%正確な判定ということではありません。

簡易的な方法なので、あくまで参考程度と思ってください。

一度でいいから酔ってみたい人が見るページ

下戸のメリット・デメリットには何がある?


アルコールパッチテストのやり方!病院で検査する方法もある!


病院では、アルコール体質検査を受けることが可能です。正しくは、アルコールパッチテストとは違うものになります。

やり方は、綿棒で口の中の粘膜を採って調べる方法となります。料金は、約5,000〜7,000円程度で、より正確な診断が可能です。

ただ、診察結果は、1週間から10日ほどかかり、再度、病院に行く手間がかかるので、料金が高いのと時間がかかるのがデメリットになります。

・・・・

確実に調べたいなら病院ですが、市販のキットでも何ら問題はありません。

アルコールパッチテストは手軽に自分でもできるので、先ずは、代用できる簡易的な方法を試してください。

また、どうしても下戸を証明したい場合は、市販のキットを使うか?病院で検査してもらい診断書をもらいましょう。

お酒が飲めない下戸は人生で損をする!

下戸を克服したいあなたへ!


お酒を飲みたいあなたへ!

残念ながら、下戸の人は・・・

酔った勢いで女性を押し倒したり、口説いてみる・・・。

当然、酔えないので、こんなことはできません。

つまり、人生で損をすることに・・・。

もちろん、下戸の人は飲まないので、貯金できるなどのメリットはありますが、一度ぐらい酔って気持ち良い気分を味わってみたいですよね。

問題は・・・

飲むと頭痛や吐き気などの症状が出るということ!

もし、お酒を飲んで、これら症状が出ないとしたら・・・。

しかも、みんなと同じように飲んで二日酔いにもならないとしたら・・・。


少しは、興味がありませんか?

実は、そんな夢みたいな話がないわけではありません。

次のページでその方法を詳しくお伝えしています。

詳しくはコチラ!