下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 飲めない悩み > 飲み会のマナー!

飲み会のマナー!下戸で飲めなくてもこれだけは知っておくべき!


飲み会に参加する時のマナー

お酒を飲まない人でも飲み会に参加することはあると思います。

その際のマナーはどうすればいいか気になりますよね。

当然、お酒を飲まなければ酔えませし、周りの人のテンションについていけない場合もあるでしょう。

それでも・・

飲み会に付き合わなければいけない・・・

なんだか悪い空気にならないか心配・・・


このような事で悩んでいる人もいると思います。


そこで、こちらのページでは・・・

  • 飲み会でやってはいけないマナーについて!
  • 飲まない人が飲み会でやった方が良いマナーとは!
  • 飲み会のマナー!飲まない人はデメリットの方が多い事を知るべき!


これらについて解説します。

その場の空気を悪くしないためにはどうすればいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。


■関連記事

飲めない人はノリが悪い?対策は?

下戸が飲み会に参加するのは迷惑なのか?




飲み会でやってはいけないマナーについて!


やってはいけないマナー

飲み会に参加する時にやってはいけないことがあります。

先ずは、お酒が飲める人も飲めない人も共通のマナーです。

これをやってしまうと嫌われるので気をつけてください。

具体的には・・・

  • 飲み会の時間に遅れる
  • 飲んでいる席でスマホをいじる行為
  • 愚痴や悪口
  • 高価な物を1人で食べる


これらは悪いマナ―なので注意が必要です。


飲み会の時間に遅れる


飲み会の時間に遅れるのも悪いマナ―と言えます。5分や10分程度の遅れなら構いませんが、1時間かと平気で遅れくる人もいます。どうしても遅れる場合は、必ず連絡を入れておくようにしましょう。


飲んでいる席でスマホをいじる行為


お酒を飲んでいて、ずっとスマホをいじっている人もいますが、話を聞いているのかが分かりませんので、こんな人は嫌われる傾向にありますし悪いマナーとなるので覚えておきましょう。飲み会では、なるべくスマホの事は忘れて、話しに集中するようにしましょう。


愚痴や悪口


仕事の愚痴や悪口を言う人もいますが、周りは良い気分にならないので悪いマナーと言えます。お酒の席で、そんな話をされても困るでしょうし、なにより聞いている側は、不愉快になってしまいます。楽しく飲むためにも愚痴や悪口には気を付てください。


高価な物を1人で食べる


飲めないからと高価な物を頼んで1人で食べる方もいるようですが、これは悪いマナーです。確かに飲めない分、食べる方に走る傾向にありますが、飲み会に参加したなら食べるだけでなく周りと会話を楽しむようにしましょう。高価な物は自分1人で食べるのではなくみんなでシェアするといいと思います。

・・・・

これらは悪いマナ―と言えます。

周りを不愉快にさせるので気をつけてください。


お酒を飲めない人が飲み会でやるべきマナー!


飲まない人は飲み会でどう接すればいい

飲まない人は飲み会に参加するとなると周りは酔っていてみんなテンションも高く、ついていけない場合もあるでしょう?

そんな時に周りの空気を悪くしないマナーがあります。

具体的には・・・

  • 笑顔を作る事を意識する
  • ノンアルコールビールを飲む
  • 話題を提供して相手に喋らせる
  • 限界になったら途中で帰る


これらを意識するといいです。


笑顔を作る事を意識する


その場の空気を悪くしないためにも、マナーとしては笑顔を作るようにするのがお勧めな方法です。無表情と笑顔を比べたら、絶対に笑顔が好かれますからね。


ノンアルコールビールを飲む


飲めない人は、ノンアルコールビールを頼んでおくのも1つマナーだと思います。ノンアルといっても見た目はビールなので、視覚的には、飲んでいるように見せることはできますからね。

但し、いくらノンアルだからと言っても、アルコールが0%ではありません。1%未満は、アルコールが入っているので、飲み過ぎには気をつけてください。


話題を提供して相手に喋らせる


もし、話が苦手というなら、話題を提供して相手に喋らせるようにするのも良い方法です。話がしつこくなったら、また、別の話題に変えて相手に気持ち良く喋ってもらう。

相手がテンションよく喋っている時は、笑顔で相槌を打つようにしてください。そうすれば、その場の空気を悪くすることないので良いマナーと言えます。


限界になったら途中で帰る


どうしても相手のテンションについていけない場合もあると思います。話がくどくなってしまうと、シラフでは対応でないこともあります。そんな時は、失礼ではあるけど、途中で引き上げて帰るというのもマナーの1つです。

その際は、何か理由をつけるようにしましょう。

例えば・・・

「明日の仕事が早くどうしても外せないから今日は失礼する」
「ごめん、ちょっと体調がすぐれないから」
「ちょっと、この後、用が出来てしまって」

こんな感じで、最後に「申し訳ない」と言って、退散しましょう。


飲み会のマナー!飲まない人はデメリットの方が多い事を知るべき!


飲まないデメリット

お酒を飲まない人はどうしてもデメリットの方が多くなります。

例えば・・・

  • いつもシラフだから居心地が悪い
  • 酔っ払いの相手をするのがつらい
  • なぜ飲まないのかと絡まれることもある
  • 同じ話に耐えられない
  • 酒付き合いが悪いと言われる
  • 暗いと言われることもある
  • その場の空気を悪くすることもある
  • いつも帰りに車で送る羽目になる
  • 割り勘にしても高くつくから辛い
  • 無理して飲んだら気分が悪くなった
  • 女性から「飲めなくてだらしないわね」とよく言われる


など、飲める人からすれば何でもない事ですが、アルコールが苦手の人は、このようなことはデメリットで悩むことが多くなります。

お酒が飲めないメリット・デメリット!」のページでも解説しています。

飲めないのであれば、最初から飲み会に参加しなければいいのですが、そうもいかない時もあるでしょう。

特に周りの人のテンションについていけない事はよくありますよね。

みんなと同じように普通に飲めることできればこんな問題はなくなります。

そこで・・・

お酒が飲めるようになる方法があります。

私自身、経験したことなのであなたの気持ちは痛い程、よくわかります。

なぜ下戸だったのに飲めるようになったのか?

一度でいいから気持ち良く酔ってみたいと言う人は、以下のページを参考にしてください。