下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > シチュエーション別 > お祭りの時に困る?

お祭りでお酒が飲めない場合はどうすればいい?


お祭りでお酒が飲めない?

どこの地域でも年に1度はお祭りがありますよね。

お酒が飲めず、周りから飲まされて体調を崩してしまった方もいるでしょう。

本当は楽しいお祭りでも、イヤな思い出となってしまいますよね。

そこで、今回は・・・

  • お祭りの時にお酒を断るには?
  • お祭りでお酒が飲めないデメリットとは?


これらについて解説していますので、ビールやお酒などのアルコールが苦手と言う人は、ぜひ参考にしみてください。

関連記事
飲めないからバーベキューで楽しめない?
一度でいいから酔ってみたい!





お祭りの時にお酒を断るには?


お祭りの時にお酒を断るには?

アルコールが弱い人にとって飲まされるのは本当につらいでしょう。

そこで、お祭りの時にお酒を断るにはどうすればいいか考えてみました。

具体的には・・・

  • 飲む人に近づかない
  • 話に徹する
  • グラスにウーロン茶を入れておく
  • 早めに切り上げる
  • お祭りに参加しない


これらのことを意識するといいと思います。


飲む人に近づかない


どこの町内でも大酒飲みはいるものですが、飲む人には近づかないのも1つの方法です。飲む人の近くに行けば、お酒を注がれてしまう可能性が高いですからね。逆にあまり飲まない人もいるので、そのような人達と一緒にいるようにしましょう。


話に徹する


お祭りの時のお酒が辛いなら、話しに徹するのも良い方法です。ただ、話し慣れしていない人には向かないので、会話に自信があると言う方にはお勧めですが、会話慣れしていない人は、お酒を注がれる可能性があるので注意してください。


グラスにウーロン茶を入れておく


グラスにウーロン茶やお茶などを入れておけば、お酒を注がれる可能性も低くなります。もし、注ぎにくる人がいれば「ウーロン茶を飲んでるから」と交わすことができます。


早めに切り上げる


お祭りでお酒を飲むタイミングとしては、山車を引いた後になるわけですが、だらだらと話をしていては、飲まされる可能性が高くなるので、特に役員でもないのであれば早めに切り上げるのもいいでしょう。


お祭りに参加しない


絶対にお祭りの場でお酒を飲みたくないというなら、祭りに参加しないという考えもあります。本来、お祭りは、神などを祀ったり、豊作・健康などを祈願したり、感謝するための行事ですが、今では、楽しむための行事でもあります。しかし、飲まなくて楽しめないなら最初から参加しないのもいいのかもしれません。

・・・・

このようにお祭りの時にお酒を断るにはいくつか方法があるので試してみてください。

関連記事
結婚式で飲めないと失礼なのか?
飲めないと彼女が出来ないのか?


お祭りでお酒が飲めないデメリットとは?


お祭りでお酒が飲めないデメリット

お祭りの時に飲めないとなるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

大まかに言えば・・・

  • 酔えないから楽しめない
  • 話についていけない
  • 雑用を任せられる
  • 飲めないとバカにされることも?


このような事が挙げられます。


酔えないから楽しめない


飲めない人には、分からないと思いますが、アルコールを飲むと程よく気持ちがよくなっていきます。ですが、飲めない人は、その気持ちすら味わうことができません。

また、多少飲める人でも、お祭りの時などは、自分のペースで飲むことが難しく、飲み過ぎてしまえば、頭痛や吐き気を起こしたりします。つまり、気持ちよく酔えないわけですね。


話についていけない


お酒を飲んでいる人は、基本的に話が長かったり、同じ話を何回もするので、話しについていけないことはよくあります。それに、つまらない話に付き合う羽目にもなりかねません。


雑用を任せられる


お祭りで飲めないとなると、片付けとか洗い物など雑用を任されることもあるでしょう。


飲めないとバカにされることも?


アルコールが飲めないとバカにされたり、酔っ払いから絡まれる可能性もあります。そうなると楽しいお祭りが台無しになる可能性もあります。

・・・・

このようにお祭りの時に飲めないとこのようなデメリットはあります。

ですが・・・

もし、酔う気分を味わいたい!

アルコールを克服してみんなと楽しく飲んでみたい!


このように思っている人は、以下の情報を参考にしてみてください。

関連記事
お酒がの飲めるようになるには?
オンライン飲み会のメリット・デメリット!