下戸でもお酒が飲めるようになる方法!TOP > 職場 > アルコールハラスメントの対策!

アルコールハラスメントの対策について詳しく解説!


アルコールハラスメントの対策

あなたもアルハラでお悩みですか?

アルハラとは、アルコールハラスメントの略です。

簡単に説明すると・・・

飲めない人にお酒を強要する迷惑行為なんですね。

例えば、上司が部下に対して、イッキ飲みを勧めたりします。

もちろん、飲めない人にとっては、大変つらいでしょう。

体質的に飲めない方は、ビール一杯飲むだけでも気分が悪くなりますからね。

できるなら、アルハラ行為をする人達とはつきあいたくないはず!

そこで、ここでは・・・

アルコールハラスメントの対策

について考えていきたいと思います。

アルハラで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

■あわせて読みたい記事

二日酔いの対処法について!

お酒な飲まない方がいい?

飲めない男はダサいのか?





アルコールハラスメントの対策を考える!


アルハラの対処法

アルコールハラスメントをする上司がいると困ってしまいますよね。

本当は早く家に帰りたいのに、上司の付き合いで飲みに行かなければいけない。

そこで、黙って飲めばいいのに、アルコールが苦手な私に酒を進めてくる。

飲めない人って、このような経験って少なからずあると思います。

できれば、上手にお酒を断りたいでしょう。

そんな時に使える方法があります。

例えば・・・

  • 上司を褒めちぎる
  • 病気を理由にお酒を断る
  • 都合が悪い事を伝える
  • アルハラは犯罪行為と上司に伝える


など、これらが使える方法です。


アルハラ対策1「上司を褒めちぎる」


お酒を進められたら、飲めないことを伝えてください。そして、アルハラの対策としては上司を褒めちぎる作戦を考えましょう。褒められたり、おだてられると悪い気分はしません。

逆に、気分が良くなりますよね。常識が通用する普通の方であれば、無理にお酒は進めてきません。
それに上司を褒めておけば、あとで見返りがある可能性もあります。ですので、アルハラで困った上司には、褒めちぎってみてください。


アルハラ対策2「病気を理由にお酒を断る」


お酒が一滴も飲めないのあれば、病気を理由に断る事も出来ます。嘘も方便です。「医者からアルコールを止められていて飲めません」と伝えましょう。

それでも、お酒を進めるなら、逆切れしてもいいかもしれませんね。「私の体に何かあったら責任とってくれるんですか?」こんな感じでアルハラ対策するとそれ以上、お酒は進めてこなくなります。


アルハラ対策3「都合が悪い事を伝える」


アルハラの対策としては、酒の誘いを最初から断るのもいいと思います。どうしても、用事があるからいけないと都合が悪い事を伝えてください。

  • 家族が来ているからいけない
  • 資格を取る為に勉強していけない
  • 明日の仕事に集中したいから
  • 車の運転があるから飲めない


このような感じで上手に断るようにしましょう。


アルハラ対策4「アルハラは犯罪行為と上司に伝える」


飲めないことを伝えても、無理にお酒を飲ませようとする上司もいます。そんなバカ上司にはアルハラは犯罪行為と上司に伝えましょう!

無理矢理相手にお酒を飲ませれば強要罪が成立します。

急性アルコール中毒にさせれば傷害罪にも問う事が出来るんですね。

自分では、アルコールハラスメントの問題が解決しない場合もあると思います。そんな時には、一度、弁護士に相談するのも1つ対策なので覚えておきましょう。


アルコールハラスメントの対策・まとめ


ここでは、アルコールハラスメントの対策をお伝えしました。

会社に勤めていれば、イヤな上司もいると思います。

体質的に飲めないと伝えているのも関わらず、お酒を強要するバカ上司。

上記の方法を参考に自己防衛してください。